So-net無料ブログ作成

月別記事一覧

競馬予想や、日々のニュースを語るブログです。

月別アーカイブ:2015年09月

2015年09月の記事一覧。競馬予想や、日々のニュースを語るブログです。

FX
高金利通貨は崖っぷちで上がる気配が一切ありませんね。セントラル短資の方のオセアニア・スイスフランペアは確認する勇気もありません。いい兆候は、ユーロスイスが1.1..

記事を読む

..

ニュース記事
127時間登山家のアーロン・リー・ラルストンが峡谷公園で岩穴に落下し腕を挟まれて身動きが取れなくなった127時間の実話。必死の叫び声は地上の誰にも届かない中持っ..

記事を読む

ニュース記事
これは自分が持ってる話のネタのなかでNO.1のやつです。むかし投稿するとお金がもらえるサイトで採用されたけど今はそのサイトもないし、検索しても誰も使ってないよう..

記事を読む

9月17日のFOMCで利上げはあるのか?

  •  カテゴリ:FX
高金利通貨は崖っぷちで上がる気配が一切ありませんね。
セントラル短資の方のオセアニア・スイスフランペアは確認する勇気もありません。
いい兆候は、ユーロスイスが1.1を超えて
スイスフランが売られ基調になって来たことくらいです。
外コムでやっているトルコ円は39円台の前半でナンピンしました。
ここまでは想定内で、月足で長い髭をつけて42円くらいまで戻して
上昇トレンドに転換すると確信しています。

今週はアメリカが利上げに踏み切るかどうか
世界中が注目しているFOMCがありますが
今利上げすると株が暴落してしまうので
先送りされるだろうという予想が優勢です。
さっき日経平均がまた1万8千円を割れていましたが
日銀の政策に対する催促相場になってるのでしょう。
マット今井さんは日銀は追加の緩和はできないだろうと言ってましたが
ドル円が下がるよりも株が下がった方がダメージは大きいだろうし
本当にこのまま見てるだけなんでしょうか?


現在のポジション

NZ/CHF
0.68888 L 平均1.5枚

AUD/CHF
0.67648 L 1枚

トルコ円
40.85 L 平均1.3枚


スポンサードリンク



 カテゴリ

 タグ

最近見た中からオススメの映画を紹介!


127時間
登山家のアーロン・リー・ラルストンが峡谷公園で岩穴に落下し
腕を挟まれて身動きが取れなくなった127時間の実話。
必死の叫び声は地上の誰にも届かない中
持っていたビデオカメラで自らの状況を実況中継しながら撮影。
ラストはどうなるのか、あるいは死んでしまうのか
ハラハラしながら楽しめて、ラストは見てよかったと思える映画です。


ミケランジェロの暗号
主人公はユダヤ人画商一家の息子。
父親がナチスに渡すまいと隠して死んだ
ミケランジェロの絵を探すストーリー。
軽々しいオチなど残念な点もありますが
ナチスとの駆け引きや裏切りなど
テンポがよくて、画面に引き込まれる映画です。


新少林寺
アンディーラウとジャッキーチェンが共演している
豪華なキャストの映画です。
少林寺の看板に暴言を刻み込むなど
傲慢な将軍であるアンディーラウが
部下のニコラス・ツェーの裏切りに会い襲撃され
最愛の幼い娘の命を奪われた上、お尋ね者にされます。
自分の態度が娘を死なせたのだと悔いたアンディーラウは
少林寺に助けを乞い、良い人間に改心していくストーリー。
アクションよりも強さは愛だ的なストーリー重視の内容。


時をかける少女 2010
初代の時をかける少女の娘が主人公の設定のストーリー。
前半は70年代のレトロな風景を再現しただけの退屈な内容ですが
我慢して見てると、ラストで一気に話が動き出します。
なるほど、これがやりたかったのかと・・・
泣ける話で泣けたことはほとんどないですが
これは数少ない、ジーンとくる心にしみる映画です。

人狼ゲーム


ビーストサイド


ネットゲームで嵌っている「人狼ゲーム」に出会った映画です。
人狼ゲームについての説明は長くなるので省きますが
パート1は誰が人狼か村人か伏せられて進行するタイプ
パート2は人狼目線で話が進行するタイプ。
一応続編扱いになっていますが、話につながりはないので
2から最初に見ても全然問題ありません。

 カテゴリ

 タグ

本当にあった心霊写真の話

これは自分が持ってる話のネタのなかでNO.1のやつです。
むかし投稿するとお金がもらえるサイトで採用されたけど
今はそのサイトもないし、検索しても誰も使ってないようなので
またオリジナルとして使わせていただきます。

小学校の時、社会見学に行った時の話なんですが
仲のいい友達が4人くらいでピースをしながら撮った写真に
空中に浮かぶ大きな男性の顔が写っていました。
クラス中で話題になり、写真に写ってた生徒の中には泣きだす子もいて
先生や親も真剣に困って、ローカル放送の心霊写真特集に投稿することにしました。
もちろん採用され、放送では、これは身に危険をもたらす霊だ
ぜひお祓いに来てくださいと言われ、写真に写っていた生徒と親がお祓いに行きました。
テレビ局がお金を出してくれるかと思いきや
生徒の暴露によると1人当たり2万円近く自腹で支払ったらしい。
フィルムとフィルムに写っていた写真はすべて提出して焼かれたそうですが
後日、大事件が起きました・・・・

映した生徒が怒られると思って提出しなかった
写真が1枚家に残っていたのです。
それは、顔を出して撮影するパネルで撮っていたおじさんを
ふざけて横から隠し撮りしている写真でした。
そのおじさんの顔が心霊写真の顔と一致。
霊能者が写真を燃やすのは、お祓いじゃなくて
実は証拠隠滅なんでしょうかね?
クラス中が騒然として、先生や親は
いろんな人に迷惑かかるから言いふらすんじゃないよと
必死で説得していたのを覚えています。
その霊能者の人は心霊写真で名をあげた後
幽霊には一切触れなくなり、人生相談で評判となりました。

個人的に幽霊の存在は完全否定はしませんが
少なくても誰にでも目に見えるものでは無いと思いますね。
能力を持った人が、わずかに残った悲しみや苦しみの念を
心で感じ取るのが本当の霊なんじゃないかと思います。
子供の頃、林で首つり自殺があって霊が出るとウワサだった場所も
綺麗な家が建ちならんで、今は知る人が誰もいないですしね。


スポンサードリンク



 カテゴリ

 タグ

Copyright © 元競馬関係者「伏龍」の独り言 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。